FX専業の主張

当初は、FX専業がいつも思っている主張だけをお送りする予定のページでしたが、最近は雑記帳のようになっております(笑)。

「準中型運転免許」新設に思う

来年(2017年)3月12日より、運転免許に新しく準中型免許が新設されます。これ、前回2007年の改正の時に新設されました中型免許の更に限定された免許でして、中型免許は以前の大型免許の下位免許として新設されましたが、今回の準中型免許は現在の中型免許の下位免許として新しく新設されるものです。これに伴い、普通免許の区分で運転できる車の車両総重量が、現在の5トン未満から3.5トン未満へ制限される事になりました。
 
運転免許を取得した時期と運転できる車の車両総重量の関係は、文章ですと難しいので、図にしてみました。
 

f:id:fxse:20160719075421p:plain

 
2007年6月1日までに運転免許を取得した方で当時普通免許だった方は、現在は中型免許になり、限定条件として「中型車は中型車(8t)に限る」と言う不思議な限定が入ってるかと思います。これは、当時運転できた車種の既得権を守るため、改正翌日以降の普通免許では運転できない車両総重量5tを超え8t未満の車を運転できるようにするために設けられた移行措置でして、次回の2017年3月12日の改正時にも、前日までに普通免許を取得していた者には「準中型車は準中型車(5t)に限る」と言う限定条件が入る事になるかと思われます。
 
 
 
さて、前回の改正で中型免許が出来る事になった背景には、18歳で運転免許を取得し、いきなり比較的大きなトラックなどを運転出来てしまうため、若年者のトラックによる交通事故が多いと言う社会的要請があったようです。 2007年6月1日までに普通免許を取得していた者が、免許取得直後に運転可能であった最大サイズの車って、どれくらいの大きさだったかご存知でしょうか?実は、こんなサイズの車でも、初心者マークを付けて運転が可能でした。

f:id:fxse:20160719081724j:plain

この当時に運転免許を取得され、現在 「中型車は中型車(8t)に限る」の限定条件が付いた中型免許をお持ちの方は、運転免許を取得直後にこのトラックを自由自在に運転可能であったか、いや、当時で無く現在でも自信を持って運転可能か想像して見てください。やはり、社会的要請で運転免許区分の見直しが行われたのは、正しかったと思われるのでは無いでしょうか?
 
また、中型免許が新設された時に、大型免許の制度も大きく見なおされました。それまで、20歳になり普通免許又は大型特殊免許を取得し2年経過していれば取得が可能であったものを、それぞれ21歳・運転経歴3年経過と変更になりました。
 
当時でも、同じように21歳・運転経歴3年経過しておりませんと、政令大型車と呼ばれる車両総重量11t以上又は30人乗り以上の大型車は運転出来ませんでしたが、これは免許の条件では無く、あくまでも運転に対する条件でしたので、20歳で大型免許を取得しても、21歳になり運転経歴が3年を経過すれば何ら手続きをする事も免許を受ける事も無く、その日から政令大型車を運転する事が可能でした。当然、大型免許を取得した段階でこの条件を満たしていれば、取得したその日から政令大型車の運転も可能でした。
 
 
 
実は前回の改正で、法律的な要件である取得可能年齢や経験年数以上に重要だったのが、教習車及び試験車がそれまでの中型トラックから大型トラックへ変更になった事です。 どう言う事かといいますと、それまで車両総重量が8tを超える自動車の運転には大型免許が必要であったため、最低条件としてそのサイズを超えるトラックで教習や試験を行っておりました。これは、先ほどの普通免許で運転出来るサイズの車があんなに大きいのに、実際には普通乗用車で教習を行うのと同じ事でして、とにかく運転できるサイズの車で教習や試験を行えばいいと言う考えでした。つまり、政令大型車のサイズでの教習や試験を全くすること無く、大型免許を受けて21歳・運転経歴3年を経過しますと運転できるようになったと言う事です。
 
中型免許が新設され、それまで大型車の教習や試験で使われていたサイズのトラックは中型免許の範囲になり、それ以降は中型車の教習や試験で使われるようになりました。そして、大型車の教習や試験には、よりサイズの大きな実際に大型車として世の中で用いられている車に近い車、政令大型車のサイズの車で行われるようになったのです。
 
 
 
今回新設されます準中型免許に関しまして、様々な意見があるようです。
・免許制度をイタズラに複雑にする細分化は良くないと言う意見。
・せっかく未成年者が運転する事を規制されたサイズの車を、また許可する事への反対意見。
・高校新卒者に運転手と言う選択肢が再度登場する事への運送業界からの歓迎意見

など、様々です。

 
実は私、この準中型免許制度が作られると言う事を聞いた時には、中型免許を新設した時の事を思い出し「せっかく規制して事故が少なくなってきたのに……」と言う、どちらかと言えば反対派でした。ただ、パブリックコメントを読んだり、実際に準中型免許を検討している方たちの発信する意見に「適切な教習時間の確保と、教習車両への小型トラックの使用」と言う物を見つけ「それだったら意味があるかな」と思うようになったわけです。
 
上の表をもう一度ご覧頂きたいのですが、準中型免許の教習に使われる車両のところに、小型トラックとあります。これ、教習所で準中型免許を新しく取得しようとする方が教習を受ける際に、小型トラックを使って教習を受けると言う事でして、実際にこれから自分が運転しようとするサイズの車で教習を行ってもらえるのであれば、大丈夫かなと思うわけです。
 
7.5t未満の車と言うと一番わかりやすい車は、コンビニエンスストアへ配送を行っているトラックでしょうか。冷蔵車ですので大きさの割に重量があり、実はあの大きさの車は現在の車両総重量5t未満までしか運転できない普通免許では、運転できないんです(中には積載容量を制限して、現普通免許で運転可能な登録の冷蔵車も存在しております)。
 
免許制度を変えても、今後制限される新たな普通免許でも、まだ車両総重量3.5t未満の車なら何でも運転できるわけです。今回変更になる運転免許制度のパブリックコメント募集の際には、募集していた事を気が付きませんで応募出来なかったのですが、私としては普通免許というのは「乗用車限定」でもいいのでは無いかと思ってるんです。さすがに、荷物を積む車を全くと言うのも乱暴なので「3・5(7)」の乗用車のナンバーと「4」の5ナンバーサイズの貨物車までの運転が出来るのが普通免許にして、「1」ナンバーの貨物車は全て別の免許、例えば今回新設される準中型でもいいですし、乗用限定が無い普通免許と言う区分でもいいので、実際に運転出来る車を使って教習を行い、そのサイズの車の運転を希望しない場合には限定の多い免許でもいいのでは無いかと思います。だって、普通免許を取得した直後の人がワンボックスカーを運転するのだって大変そうですからね。
 
 
 
それと、全く手付かずな「けん引免許」の制度にも、もう少し焦点を当てて欲しいなと思います。けん引免許が必要なトレーラーは、一度事故が発生しますと、必ず大きな事故に発展します。あの大きな車体、およそ通常の道路を走行する自動車の中で最大サイズであろう車の運転免許である「けん引免許」ですが、実は路上教習は無く、教習時間わずか12時間で取得可能なんです。
 
実際には、けん引する側が大型車であれば大型免許が必要でして、あの道路を走る大型トレーラーを運転するには「大型免許+けん引免許」が必要な事がほとんどです。ではけん引を取得するには大型免許を持ってる必要があるのかと言いますと、実は普通免許だけ、あるいは大型特殊免許だけしか持っていなくてもけん引免許の取得は可能です。
 
例えば、普通免許を取得した直後の18歳の者でもけん引免許の取得は可能でして、その場合は当然けん引する側の車は普通車サイズのまでですので、大型トレーラーは運転出来ませんが、後に大型免許を取得すればその段階で運転が可能になります。そう、世の中に「大型トレーラーの運転免許」って種類は無いんです。あくまでも、大型トレーラーを運転するのには「大型免許+けん引免許」が必要と言うだけです。
 
この点も以前から言われているのですが、実際には大型免許を持たずに普通免許とけん引免許の組み合わせしか持たない者が少なく、大型免許を取得する事で大型車の動きを学んでいると言う解釈があるようでして、なかなか大型トレーラーの免許制度には発展しません。ただ、現役の大型トレーラー運転手の皆さんも「大型トレーラーは大型車の動きとは全く違う」と言っておりますし、これ以上悲惨な事故が増える前に、なんとか解決方法を探って欲しいなと思っております。
 
 
 
運転免許制度の変更は、何か誰かの権益や利潤追求のためであったりするのでは無く、より安全な社会、より人と車が共存しあえる社会を目指す手段だと言う事を忘れないようにして頂きたいと思っております。 
 

 
ちなみに、なぜISUZUのトラックでご説明したのかと言いますと、ただ個人的にISUZUのトラックがカッコいいなって思ってると言うだけです(笑)。これ、トラックのリンクにアフィリエイト付けておいたら、誰か買ってくれるかな?