FX専業の主張

当初は、FX専業がいつも思っている主張だけをお送りする予定のページでしたが、最近は雑記帳のようになっております(笑)。

主張 : affirm

ブログの URL : fxaf.hatenablog.jp になっている頭の fxaf の fx の部分は私のハンドルネームFX専業からでして、af の部分は 英語で主張を意味する affirm の頭2文字です。

英語では主張を意味する単語はたくさんありまして、有名なところだと insist や maintain など、多分中学生か高校1年生くらいまでには習うのではないでしょうか。それに比べて affirm は、英語が母語の子供でも小学校低学年のうちは正確には知らないでしょうし、法廷ドラマや刑事ドラマが好きな子供で、ようやく小学校高学年くらいで他の主張を意味する単語との違いを理解する程度だと思います。

insist の主張するところは反論に近く、自分の信じてる事を言い続ける事にあります。
maintain の主張するところは insist よりも更に、自分が確信している事を繰り返し言い続ける事にあります。

そして affirm が主張するところ
自分自身の経験や証拠に基いて "正しいと確信している事実を述べ又は文章で陳述する" 事にあります。主張の持つ "強い意思で伝える" ような意味よりも、正しい事を正しいと相手に "ある種事務的に" とも言えるくらい正確に伝える事を指す言葉です。

英語があまり得意で無い方でも、海外、特にアメリカに住んだ事がある方でしたら affidavit をご存知の方も多いかと思います。affirm と affidavit 似てますよね。出だしは一緒でして、よく affidavit の事を Affi と略す方がおられますが、そこまでは正に一緒です。

affirm は先程も申しましたように "正しいと確信している事実を述べ又は文章で陳述する" 事です。affidavit は "正しいと確信している事実を宣誓した上で述べ又は文章で陳述し公証人が認証した宣誓供述書" の事です。

"正しいと確信している事実を述べ又は文章にする" そこまでは "単に発言したか私文書として作成した" 又は "宣誓し公証人が作成した公文書" この違いだけで、内容や目的は同じです。

私のこの "FX専業の主張" でも、正しいと確信している事実を文章にして発信したいと思っております。